イメージ画像

外資系転職なら人材紹介会社を選定しよう

外資系への就職・転職を考えた場合には主に3とおりの手段がありますね。1つは転職サイトで求人を探す方法、、もう1つはヘッドハンターにコンタクトを取って情報を得る手段、そして3つ目が最もおすすめな人材紹介会社を活用する手段です。

当サイトではおすすめの人材紹介会社をご案内して行きたいと思います。それぞれ特徴やメリットが異なりますのでご自身が気に入ったものを探してみてください。

外資系 人材紹介会社のおすすめはココ!

外資系への転職に特化した人材紹介会社をご案内しています。どれも素晴らしい支援を提供してくれますから自信を持って登録してみてください。


  1.    リクルートエージェント

    国内の転職を長年支援してきたリクルート社が提供する、外資系転職、グローバル企業への転職に特化した人材紹介サービスがこちらです。 キャリアアドバイザー(CA)と呼ばれる担当者が1人就いてくれて転職をサポートしてもらう事ができます。

    ・キャリアの棚卸、カウンセリング、要望のヒアリング
    ・適切な外資系求人情報の提案、繰り返し情報の提供
    ・英語レジュメ(履歴書等)の作成アドバイス
    ・CAによる年収アップの交渉代理
    英語面接のコツの伝授、その他サポート、相談受付など

    外資系は職種職域が限られているため応募したい企業にあわせた書類やアピール方法のカスタマイズが必須。外国人CAのアドバイスなども得ながら転職を成功させる事ができます!国内最大級の求人数を保有し、様々な業界にリーチできます。何はともあれまずはリクAに相談登録しておきましょう!



  2.    JAC Recruitment

    英国発の外資系人材紹介会社で、日本をはじめ東南アジア諸国にも拠点を置いています。日本国内ではリクルート、DODAに次ぐ規模なので、実は有名ではないけれど大企業の一角なのです!

    こちらもネイティブ・スピーカーのCAが在籍しており外資系企業への転職をサポートしてくれています。特徴として外資系だけでなく海外勤務を要望する方のための支援もしています。世界的なネットワークで多くの企業の求人を確保しているから、様々な選択肢から転職先を決める事ができるのもメリットとなっています。


  3.    アデコ

    スイス発の外資系人材紹介会社で世界中に拠点を持っており、外資系や海外就職を支援しています。国内にも多数の支社がありどこでもサポートを受けられる安心感があります。

    基本的なサービスは一緒でリクAやJACと合わせて活用していきたいですね。現在保有求人が多い外資系の業界は医療、製薬業界・金融業界・メーカー系企業となっています。



人材紹介会社の活用で気をつけたいこと

日本に進出している外資系企業のほとんどは人材紹介会社に人材の紹介を依頼しており、またそのほうがコスト的にも抑えられ、適切な即戦力を採用しやすいという意味でもメリットが大きいと考えているようです。

では、外資系に転職する私たちとしては人材紹介会社を利用することにどのようなメリット・デメリットがあるでしょうか。メリットは各社様々なサービスを提供しており要望する業種、職種、年収などでリサーチをかけ、希望にマッチする会社の求人情報を提供してくれるということですね。

デメリットとしては会社によっては適合しない求人を提案されたり、もういらないと言っているのにしつこく転職を迫ったりといった事もあるようです。人材紹介会社は多数ありますが信頼と実績の多い会社を選んで登録するように気をつけて欲しいと思います。外資系企業についてより詳しい情報はhttp://magister2.org こちらのサイトを参考にするとよいでしょう。

このページの先頭へ